血液のがんであることを知っておくといい

白血病は血液のがんであり、血液中の血球ががん化してしまうのを言います。
私たちの血液は酸素運ぶ赤血球、細菌などを排除する白血球などがあって、白血病を理解するにはまず血球がどうできているのか知ることが大事なのです。
骨の中で骨髄といった場所あって、これはゼリー状で造血幹細胞という細胞を作っています。
これが変化して赤血球などができるのです。
こうした血液作る過程で異常発声して白血球ががん化することが白血病細胞といわれます。
これは無制限に増えていき骨髄にたまって健康な血液から作られるのを邪魔するわけです。
血液に乗り肝臓に侵入して言って複数の症状が起きてきます。
そして、白血病は大きく2つに分けられて急に進行する急性白血病、ゆっくり進行の慢性白血病があります。
急性白血病は急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病に分かれていて慢性白血病は慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病に分かれています。
また国立がんセンターによれば、白血病発症は40歳以降成人に多く健康診断など白血球の増加から発見されたりします。